指導スタッフ

林田先生

「えいご体操」は、インドネシア、タイ、マレーシア、モルディブのリゾートホテルで6年間、
子供たちにマリンスポーツやダンスなどのコーチをしてきた林田浩史郎先生(コッシー先生)が監修・指導します。

プログラムは、レッスン開始・あいさつ、緊張をほぐすためのアイスブレイク、準備体操・柔軟・筋トレ、ウォームアップ、メイン運動、ゲーム、レッスン終了・あいさつからなり、 適時日本語を織り交ぜるので、英語が分からなくても自然と英語が分かるように工夫されています。
子どもたちは林田先生の楽しいテンポで自然と笑顔で楽しく体を動かしながら、英語も学べる教室です。

村田先生

中学2年生から高校2年生までの約4年間、アメリカに在住していました。
私自身、体操競技を通じて体を動かしながら英語を学びました。
英語は耳でなれて、恥ずかしがらずに口に出すことが大切です。ネイティブな発音に近づけるようにお手伝いします。
State of Illinois(イリノイ州)
中学校→CHIDDIX JUNIOR HIGH SCHOOL(チディックス ジュニア ハイ スクール)
高等学校→NORMAL COMMUNITY HIGH SCHOOL(ノーマル コミュニティー ハイ スクール)

えいご体操

 年少~小学校2年生向け えいご体操教室

日本語と英会話を織り交ぜたレッスンで、楽しく体をうごかそう!!
少人数制なので、えいごが苦手なお子様でも置いてきぼりになることなく、楽しくレッスンに参加できます♪  リズムよく楽しい音楽で体を動かしながら、英会話と日本語を織り交ぜながらレッスンいたします。
ポップな雰囲気の中で簡単な英単語から習得していき、同時に遊びを活かした基礎運動を繰り返し行うことで基礎体力の向上にも期待できます。
運動能力関係と英語力、双方のレベルアップを目指しています!!

スケジュール

対象年齢 火曜
年少~小学校3年生 16:30-17:50

料金

ビジター 年会員
料金 3,240円 (税込) 2,500円 (税込)

お申し込み

お申し込みはこちら

定員

6~8名

持ち物

体操着、飲み物、タオル、(なわとび※縄跳びレッスン時のみ)
裸足でのレッスンとなりますので上靴は不要です。

カリキュラム

年齢別、体力等を考慮して、英語や運動レベルはお子様に合ったかたちで指導いたします。少人数制レッスンのスタートラインだからこそできる、苦手を得意にするレッスンです!

レッスンの流れ

レッスンの流れ
[1]レッスン開始・挨拶
[2]緊張をほぐす為のアイスブレイク
[3]準備体操・柔軟・筋トレ
[4]ウォームアップ
[5]メイン運動
[6]ゲーム
[7]レッスン終了・挨拶

アクセス

住所
東京都渋谷区神宮前3-35-8 ハニービル地下1F
交通
銀座線外苑前駅 徒歩7分
JR山手線原宿駅 徒歩13分
ハチ公バス神宮前3丁目 目の前
アクセスマップ
(1)外苑前出口
(2)出口を出て信号を渡り直進
(3)外苑西通りへ右折
(4)外苑西通りを直進
(5)この建物1Fが入口
(6)地下1Fが教室
マップ
★スタジオ近隣情報(コーヒー店&駐車場)  >> 地図はこちら
※駐車場は弊社との契約はありませんのでご了承ください。

えいご体操のメソッド

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催!!

子どもの習い事の、1位と2位が体操教室と英会話教室というこの現状が表しているように、現代の子どもにとって運動することの大切さに加え、英語力の必要性も急速に高まってきている今…
まさに、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、スポーツと英語はこれからの時代を切り開いていくとても重要なスキルとなるでしょう!

そこで、「スポーツ」と「英語」を一緒に学べる<えいご体操>を!!

なぜ一緒がいい?
体操教室で楽しく体を動かしながら英語に触れることで、英語に対する抵抗感を少なくし、
英語耳を育て、結果体操のレベルアップとともに英語も学ぶことが可能。

楽しい時ほど学ぼうとする意欲高まり効率的な習得に繋がる

楽しい(Fun) = 体を動かしている(運動している)とき
楽しい(Fun) = 英語が理解できたとき
FunFun効果!!
つまり、楽しく学ぶことで、2倍、3倍もの効果が期待でき、相乗効果が生まれる!

えいご脳(考えずに言葉を発せられる脳)になることが可能に!

しかも、臨界期(周りの人々が話す「音声としての言語」を通じて自然に英語を習得していける限界の時期)の9~10歳頃までに英語に触れることで、その習得効率には大きな差が!
今こそ、えいご体操を!!

レッスン風景

よくあるご質問と回答

〔 Q1 〕英語が全く話せませんが大丈夫でしょうか? ▼
⇒はい、全然問題ありません。
基本的にメインの種目のレッスンに入るまでは英語で進行いたしますが、間に日本語を織り交ぜながら、場合によってはお子様の様子を見て日本語で細かく説明いたします。
〔 Q2 〕英語でレッスンを行うにあたり、安全面など細かい点について支障はないのでしょうか? ▼
⇒英語メインで進行するのは準備運動やウォーミングアップ、ゲームになりまして、鉄棒やマット運動などのメイン種目に関しましては、出来るためのコツのアドバイスや怪我防止の説明を行うために、日本語メインで英語を織り交ぜる形で行っております。
〔 Q3 〕他の英会話教室との違いは何ですか? ▼
⇒大人もそうですが、何かを習得するときに楽しいと思えると、その習得効率は向上します。子どもが楽しいと思える体を動かす運動をやりながら英語と触れ合うことで、英語耳が発達し、英語を習得しながら体操レベルの向上も期待ができます。
〔 Q4 〕レッスン内容はどのような感じでしょうか? ▼
⇒あいさつから始まり、準備運動、柔軟体操、軽い筋トレなどを行い、変形ダッシュや模倣運動などを行います。その後、メイン種目の運動を20~30分行い、最後にゲームで楽しんで終了になります。また、状況に合わせて多少の変動はございます。

お客様の声

■友晴くんママ
 普段はなかなか教えられない鉄棒やマットのやり方を教えていただいて、家でもまねしてやっていました。 小さな子にも分かりやすい英語にふれられたのも良かったです。

■優月ちゃんママ
 英語を交えての指導だったので、子どもだけでなく母も一緒にレッスンを受けている気分になり、とても楽しめました。 明るく分かりやすいレッスンなので、一回のレッスンで成長しているのが見ていて分かります。 できなかったことができるようになり、娘も嬉しそうです。

■佑くんママ
 体を動かしているときは脳が活性化されているので、英語と組合せる体操教室はとても良いと思いました。 親が側で見学できるので、子供の様子がリアルに分かると共に、先生が一人でも自分で子供のケアができるので、安心でした。

■玲実ちゃんママ
 ニコニコ笑顔のコッシー先生が優しく迎えてくださって、人見知りの娘もすんなりクラスに入ることができました。 レッスンはテンポ良くすすみ、体を動かしながら楽しく英語に親しむことができそうです!

■正志郎くんママ
 全て英語ではなく適度に日本語を混ぜての授業だったので子供も混乱することなく授業を楽しめました。ありがとうございました。