運動能力開発クラス

教室の特徴

子どもは5歳から8歳の間に運動能力の向上に大切な「プレゴールデンエイジ」を迎えます。
このプレゴールデンエイジ期が一番物事を吸収するため、この時期に形成された運動神経は後の運動能力に大きく影響すると言われています。
運動能力開発クラスは、そんな(プレ)ゴールデンエイジを有意義に過ごすため、幼少期から運動能力を育てることを目的としたクラスです。

有名なスポーツ選手の例

それぞれの分野で活躍したイチロー選手や石川遼選手等のコーチは、彼らの小学生時代のフォームが後に完成したフォームとほとんど変わりがないと言います。 これは、この時期にある程度出来上がったフォームが将来に確実に残るということが考えられます。 また、フィギュアスケートの浅田真央の3回転半(トリプルアクセル)や体操床の白井健三の4回転ひねりなどの天才的なプレーを身につけることができるのも、 ゴールデンエイジ期に限られることは彼らが証明してくれています。

時間割

火曜日 木曜日
1 17:00-17:50 15:30-16:20
小1〜小6 年少〜年長
松島先生 松島先生
2 17:30-18:20
小1〜小6
松島先生

実施月 テーマ 詳細
4月 瞬発系 かけっこのスタートを一番に飛び出すなどの反射神経・瞬発力・敏捷性・各種フットワークを鍛えます
5月 支持系 鉄棒の逆上がりや前回り・ぶらさがりやつばめを行うなど身体を支えるための筋力を鍛えます
6月 体操系 体操種目(マット・跳び箱・平均台)に必要なバランス能力・リズム能力・柔軟性の習得
7月 ボール系 ボールの持ち方・投げ方(体幹の捻り戻し)・キャッチの仕方・つき方・ドリブルの仕方・回転のかけ方を身につけます
8月 操作系 テニスやバドミントン・野球などの様々な道具を器用に使う能力と、動いているものを捉える動体視力を鍛えます
9月 瞬発系 かけっこのスタートを一番に飛び出すなどの反射神経・瞬発力・敏捷性・各種フットワークを鍛えます
10月 支持系 鉄棒の逆上がりや前回り・ぶらさがりやつばめを行うなど身体を支えるための筋力を鍛えます
11月 操作系 テニスやバドミントン・野球などの様々な道具を器用に使う能力と、動いているものを捉える動体視力を鍛えます
12月 持久系 縄跳びを連続で跳び続けるなど、同じ動作を長時間行う能力を鍛えます
1月 体操系 体操種目(マット・跳び箱・平均台)に必要なバランス能力・柔軟性・リズム能力を鍛えます
2月 ボール系 ボールの持ち方・投げ方(体幹の捻り戻し)・キャッチ・つき方・ドリブル・回転のかけ方を身につけます
3月 操作系 テニスやバドミントン・野球などの様々な道具を器用に使う能力と、動いているものを捉える動体視力を鍛えます

クラス詳細

対象 小学校1年生~6年生
お時間ごとに異なります。時間割にてご確認ください。
定員 最大6名
持ち物 運動のできる服装、タオル、飲み物、なわとび(12月のみ)
裸足で行うので、上履きは必要ございません。

キャンセルについて

キャンセル料は、お子様の体調不良などを考慮いたしまして、レッスン前日の18時までとなっております。
キャンセルをご希望の方は、メールまたはインターネットよりご連絡ください。
また、期日を過ぎてのキャンセルにつきましては、100%のキャンセル料をいただいております。
ご了承ください。

料金(税込)

ビジター

単発参加 3,300円

クレジット払いまたはコンビニ払い(手数料220円(税込))をご予約時に選択可能

月謝制

入会費 5,500円
月謝 9,200円

月謝会員様の場合、お客様の銀行口座より自動引き落としとなります。